海外・インポート レンタルウェディングドレス&販売ウェディングドレス セレクトショップ。銀座・東京・池袋からも便利な文京区茗荷谷駅徒歩4分です。

ユキズコレクション
よく頂くご質問
ご注文について お問い合わせ

Yuki's Collectionのコンセプト



コンセプト
Yuki's Collectionは、大切な日のお手伝いをいたします。


なぜウェディングドレスを購入するの?


欧米では、自分のためにウェディングドレスを作るのが伝統です。
代々続くお母様やお婆様の幸福な結婚生活をされたウェディングドレスを譲り受けることもありますが、現代では珍しくなっています。

レンタルドレスは1着のドレスをクリーニングして何人も何十人もの花嫁がご着用されるシステムです。ご自身の前にまたは後に大切な日に着用した同じドレスをお召しになる新婦を選ぶことはできません。どのような方々とご縁を共有されるのかはわからないのです。
ということから、 人生の大切なセレモニーには、ご自身のためだけにご用意された新しいウェディングドレスのご着用をおすすめします。


どのようなドレス?


たとえばアメリカでは、価格も品質に関しても、有名デザイナーのオーダーメードから、カタログ通販まで、 予算にあったウェディングドレスが購入できるシステムになっていますが、ご自身のセンスと予算にあった新しい ウェディングドレスを自分のためだけに購入し着用するのが一般的です。

Yuki's Collectionでは、店長がこのようにウェディングドレスの歴史と伝統のある海外のメーカー数社に直接出向き、各地で実際に見てきたウェディングドレスを買い付けております。
ヨーロッパ、アメリカで実際に昨年今年販売されているデザインを、各国向けに作っている同じ海外メーカーで、海外で販売されているそのままのドレスをはじめ、日本女性の体型にあわせて裁断縫製したものも輸入しております。リアルタイムでアメリカのウェディング雑誌、イタリアやフランス版の有名雑誌に掲載されているドレスを輸入してまいることもございます。


ウェディングドレスの価格について?


Yuki's Collectionは自信をもってお勧めさせていただきたいインポートウェディングドレスですが、高級ドレスの価格ではありません。それには理由があります。
Yuki's Collectionのサロン(2007年3月オープン)は個人宅であり、輸入検品保管などの事務作業のオフィス、ドレスの実際のご試着やご相談などを承る スペースを兼ねております。

そして、業務全般とご接客を店長が致しますことによりドレスをこの価格でご提供させていただいております。ご安心下さい。 取り扱いのインポートウェディングドレスは新品です。(ユーズドではありません)また、これらのドレスは日本国内にてブリーチやクリーニングをせず、輸入された状態でお渡しすることを基本としております。また、ユーズドドレスをリーズナブルにリセールもさせていただきます。


挙式後のドレスの保管?


Yuki's Collectionのドレスはご着用後、クリーニング店の高級クリーニングでのお手入れが可能です。 そのまま保管していただいても科学繊維の為すぐに黄色く変色しはじめる心配もありません。
ご希望によりドレスの身ごろをビスチェやワンピースにお直しを有料にて承ります。 (デザインによって可能なものと不可能なものがあります)

また赤ちゃんがご誕生の際にはドレスの一部をつかってベビーケープの製作を有料にて承ります。(デザインによって可能なものと不可能なものがあります)
袖がなく、襟元をリボンで結ぶデザインをいたしておりますので、白いベビー服の上に着せ掛けていただけましたら、お宮参りや写真撮影など外出時に季節を問わず有効にご活用いただけると存じます。


修理料金

納品前の加工はドレスのご相談を受けておりますが、ご使用後の加工に関してはメールでお問い合わせください。
修理加工はイタリア製品を扱う日本のアトリエで行います。
納品前の加工 (ビーズやレース加工のデザインによって不可能な場合もございます。)
  ■脇つめ 8,640円
  ■丈つめ 8,640円
  ■その他の加工 随時ご相談 お見積もりさせていただきます
ご使用後の加工 (デザインによって不可能な場合もございますのでご相談ください。)
  ■ビスチェに手直し 15,750円~ (送料別)
  ■ワンピースに手直し 18,900円~ (送料別)
  ■ベビーケープ 31,500円 (送料手配料はBabyへのお祝いとさせていただきます)
ベビーケープ
(参考例)


ご購入いただいた新婦様に・・・・


サムシングフォー(something four) という欧米の週間も近年普及してきました。 その他に新郎が結婚式の前にウェディングドレスを 見るのはバッドラック(bad luck:縁起がよくないこと)とされているため、新婦の ウェディングドレス姿を新郎が最初にみるのは挙式当日であり、感動的な瞬間を迎えるという事や、また、 新郎の友人のためのガータートス(ブーケトスの男性版)などまだ日本では普及していないような、オリジナル挙式、 パーティーに取り入れられる伝統や習慣もご案内させていただきます。


店長からのメッセージ

店長は、全米ブライダルコンサルタント協会(ABC)認定プロフェッショナル・ブライダルコンサルタント を有しております。 ウェディングドレスのオーダーとともにお気軽にご相談下さい。

楽しいウエディングのお手伝いをさせていただけますことを嬉しく思っております。


お問い合わせ アクセス