海外・インポート レンタルウェディングドレス&販売ウェディングドレスのセレクトショップ。銀座・東京・池袋からも便利な文京区茗荷谷駅徒歩4分です。

プロフィール

Yuki's Collectionのオーナー、悠希子です

Yuki’s Collectionのオーナー、悠希子です。

・認定資格所属団体

■全米ブライダルコンサルタント協会(ABC)認定プロフェッショナル・ブライダルコンサルタント
■全日本ブライダル協会会員
・専門セミナー受講経験
■コリン・コーウェイ(アメリカ・コーディネーター)セミナー参加
■サーシャ・スーザ(アメリカ・コーディネーター)セミナー参加

・コーディネーター研修先 一般専門学校・カルチャースクール含む

■飯田深雪スタジオにてフランス料理コース(調理実習・テーブルセッティング他)受講
■東京製菓学校卒業 製菓衛生士
■フラワーデザイナー江口美貴氏にフラワーアレンジ・デザインを師事
(大阪・桂由美ブライダルショー装花スタッフ)
■ミキアートスクール(ブライダルの装花・ブーケデザイン)終了
■全米ブライダルコンサルタント協会カリキュラム履修

子供時代


桂由美さんとフラワーデザイナーの江口美貴さんと一緒に

1961:
東京生まれ。ジャーナリストの父と舞踊・いけばな等の師範をしていた母の長女として誕生しました。
1965:
九段にある白百合学園入園 幼稚園から大学までをすごすことになります。
18年間の学生時代の後半からは、両親は海外で、私は都内にて親子別居の日々でした
国際連合勤務の父の勤務先を、アジア各地、北米に訪ね、異文化にふれた青春時代をすごしました。

20歳代・・・一人旅行で南太平洋やオーストラリアにいっていました


アメリカにて アソシエイション・オブ・ブライタル・コンサルタンツ協会会長(当時)と
1983:
大学卒業後は銀座の和光に勤務 美術宝飾のフロアーにいました。
男女均等法の施行前の時代、就職前にペン字検定、英検、秘書検等資格を必死に取得していました。
女子校育ちの世間知らずの自分が職を得ることができて、ほっとしたものでした。
勤務時間後はフラワーアレンジやフランス料理教室通いなど(昔風花嫁修業)をしていましたね。
1985:
製薬会社の社長秘書になりました。
社長の執筆の補佐や、音楽好きでフルート奏者の社長にピアノ伴奏をしたりもしました(^^)。
毛筆書道で結婚式の封筒や卓上札を色々な方に頼まれて書いていました・・・今思うとこの時にはもうウェディングのお仕事にかかわっていたのですね。
1987:
最初の結婚を機に退社、製菓学校入学 高田馬場の東京製菓学校で製菓と衛生士の勉強をしました。
結婚時痩せて小柄だったので、レンタルドレスに困り、白いドレスを購入リメイクしました。
教会式の後、レストランを借り切って親族の披露、夜はホテルでパーティーをしました。
ウェディング企画会社のない時代でしたので、自分で交渉やアレンジをしました。
何もわからず、思えば自分で自分のウェディングプランナーをしていたのでした。
1989:
海外有名宝飾ブランドの代理店をしていた貿易会社に就職。
日本法人設立直前のティファニーの商品を担当していました。
特に婚約(ウェディングバンド)・結婚指輪が営業のメインで、日本各地をまわっていました。
気がつけば、またまたウェディングの関係のお仕事していました。
結婚生活にお別れしました。

30歳代・・・中目黒と渋谷に居住 海外でのスクーバダイビングやジムにも凝っていました


コリン・コーウェイ と一緒に
コリンはハリウッドスターの結婚式を手掛ける有名なコーディネーター。
1991:
セミナー企画運営、海外ホテル経営の会社社長秘書として勤務。
社長について、ハワイやアメリカに出張していました。
1995:
多角経営のオーナー事務所の秘書に。
秘書業務のほかにオーナーホテルのブライダルの運営サポートをしていました。
本格的にウェディングのお仕事が!日本とアメリカとでブライダルコンサルタントの資格取得。
ドレスの購入のご依頼をうけて海外からウェディングドレスのインポートを始めました。
その後お勤めを退職し、後のYuki’s Collectionへとつながっていきます。

40歳代・・・麻布に居住 お仕事と友人に恵まれる日々 文京区に転居 結婚もしました


サーシャ・スーザと
2007:
45歳で現在の夫と再び結婚。
ドレスを着るべきか悩んだ末、自分用にインポートドレスを購入(ドレス61TIB-JSM-O製造終了)。
自宅でホームウェディングをしました。(そのときの詳細は私の結婚式1&2でご覧ください。)
母にウェディング写真をプレゼントすると大喜び ドレスを購入もウェディングパーティーをしたこともよかったと思える瞬間でした。