海外・インポート レンタルウェディングドレス&販売ウェディングドレスのセレクトショップ。銀座・東京・池袋からも便利な文京区茗荷谷駅徒歩4分です。

お勧め海外ブランドドレス

モーバー他お勧めブランドドレス

TOP>お勧め海外ブランドドレス

 


Pronovias(プロノビアス)は、日本でも知られたスペインブランド。レースのマーメイドスタイルドレスで人気になった。

今は、ほかのブランドを吸収して益々大きくなっている勢いのある会社です。
もとはレース専門に作っていたというすが、どうりでレースを生かしたドレスが多いのです。

チュールとレースの華やかドレスを得意としています。

 


 

Cymbeline(シンベリン)は、フランスの大人ウェディングドレスブランド。軽くてシンプルなドレスが得意。

立体裁断の着やすいドレスを作っています。トレーンも程よい長さで一人で歩きやすい印象の品を多く発表しています。

クラシックテイストを残しながら21世紀のスパイスをきかせたドレスという感じです。

 


 

Oleg Cassini(オレグカッシーニ)は、ヨーロッパの貴族の出身でアメリカのデザイナーの王道ドレスブランドのセカンドライン。

ハリウッドの女優のほかジャクリーヌケネディの専属デザイナーを務めたことも。

クラシックの香りのする豪華なドレスをたくさん発表しています。
日本の格式あるホテルや式場にもあい和装とのバランスも大変よいです。

軽やかというよりも華のある上質感漂うドレスを得意としています。

 


 

Justin Alexander(ジャスティンアレクサンダー)は欧米では人気のブランドにひとつで、デザインも価格も正統派。高級ラインをキープしている。


ドレスの特徴はふんだんにレースを使用したものから、ビージングも多様したデザインもあり、たっぷりとオーガンジーを使ったものなど、
豪華で大人の魅力たっぷりのウェデイングドレスを出しています。

2012年からは本格的に日本の市場に参入し、
デザインは欧米そのままでも、パターンを日本女性にあわせてアレンジをするようになりました。

 


 

Morbarはイタリアの老舗ドレスショップとして海外のみならず、日本のウェディンドレスメーカーにも有名なブランド。

アジア向け、というより圧倒的にヨーロッパ向けのデザインを打ち出しています。

ブランドの中にもいくつかのミニブランドに分かれていて特徴が少しずつ違っています。
モダンでとんがったデザインからフェミニンな優しいイメージのものまで多様なテイストがあります。

この写真のドレスはフラワーというミニブランドの中からの一着です。身長の低い華奢で優しい顔立ちの日本女性にはよくお似合いのコンセプトウェディングドレスです。大人婚にピッタリです。

 


 

Jasmineはアメリカ・NYのドレスブランドとして30年の歴史を持つ、現代的でハイセンスなドレスメーカーのウェディングドレスブランド。

ウェディングガウン以外にも新郎新婦のママドレス、ブライズメイドドレスなど、ウェディングのシーンで女性が輝くドレスを手掛けています。

アメリカ人を対象にしたメーカーですが、日本女性にもお似合いのデザインが多く、
特に刺繍やビージングの上手な工場にて仕立てられています。

白地にシルバーの糸の刺繍、フリル使いなど、華のあるウェディングドレスが特徴です。上品でオーソドックスでいて可愛いウェディングドレスを多くつくっています。

 


Mia Solanoはヨーロッパを中心に展開するブランド。30年以上のウェディングドレスメーカーとしての歴史があり、
有名ブライダル雑誌などにも多く取り上げられています。

オーガンジーやチュールを多様し、ビージングの優れた技術を駆使した華やかなデザインが特徴です。
大人のかわいらしさを前面に打ち出した、
フェミニンでゴージャスなドレスが多いのが特徴です。

 


Veromiaはイギリスを筆頭にドイツ、オランダ、イタリアにショップをもち、オーストラリアなどでも大きく販路をもっている有名なウェディングドレスブランド。

あまりフリルや細かい刺繍やクリスタルの飾りなどのアレンジよりも、
生地の質感を活かしたウェディングドレスを得意としています。
シック&エレガントラインの40歳代50歳代の花嫁様にもお似合いのドレスがあります。

 


Nicoleはイタリアではいくつものブランドを持っているドレスメーカーの代表的ブランド。
王道のデザインが多く、人気も高いです。白ドレス以外にも定期的に発色の良いカラードレスを発表しているのも魅力的です。

大人テイストのシルエットとビージングなどが特徴です。

このブランドのカラードレスは色が美しく濃すぎずに発色の良い色のチュールを使用するために、
日本のご披露宴のカラードレスとしてもふさわしい印象があります。

 


ColetはNicoleの妹ブランドでイタリアでの人気ドレスブランドのひとつ。
オーソドックスでありながらトレンドも抑えた花嫁様らしい衣裳を提案しています。

レース多様の甘めのデザインが多く、ロマンチックなAラインなどが特におすすめです。

ピンク、ブルーなどのレース遣いも上手なので、派手すぎない色のセカンドドレスをお探しの時には注目度がたかいでしょう。

 


Marylisはヨーロッパで幅広く展開しているベルギーのファミリー経営のドレスショップ。
デザインのみならず工場などの施設は全てヨーロッパ内にもっています。価格もセンスもとてもヨーロッパ的なブランドです。

サラッとした生地の感触やスカートのおち感のあるボリュームのヨーロッパの花嫁さまの好むラインのドレス。

衣裳というより普通の白ドレスで非常に軽いのが特徴です。着やすくて大人の印象が強く、華があり、
昔からのヨーロッパドレスに21世紀のテイストを加えたハイセンスなドレスです。

ご紹介のドレス以外にも素敵なインポートドレスを多数ご用意しています。ぜひお問い合わせください。